消息

D・キッサンのお知らせ用ブログです。

神作家・紫式部のありえない日々2巻よろしくです

「神作家・紫式部のありえない日々」第2巻が発売となりました。紙でも電子でもよろしくお願いいたします!式部と定子さまの因縁が明らかになります。

紙の本は丸善ジュンク堂さん、その他応援書店さん(セブンネットショッピング、ブックエース、書泉・芳林堂書店COMIC ZINその他)でペーパーがつきます。

電子書籍では描き下ろしペーパー(漫画)がつきます。

よろしくお願いいたします〜!

1巻が売れなかったら2巻で打ち切りだったので、1巻を購入してくださった皆さま本当にありがとうございました…!とりあえず3巻も出せそう?…です。頑張りまーす!

<読んだ本>

面白かった〜〜!マーダーボット(殺人ロボット)だったけど今は警備ロボットとして生きている?”弊機”が、今回もかっこよく&可愛く活躍してくれます。SFお好きな方にはおすすめのシリーズです。敬語キャラが発する「クソ野郎」からしか得られない栄養素がある…。

源氏物語』で「女にしてみたいほど美しい」という表現が光源氏を始め、よく男性に使われるんですが、これは当時の男性の美しさを表現するときの褒め言葉ということです。知らんかった〜。あと鎌倉時代室町時代あたりの『源氏物語』についての評価にも言及されているところが個人的には面白かったです。にしても「あしびき」絵巻というお話、気になりますわ…!いつかBLを描く機会がありましたら、僧侶と稚児ものが描きたいですわ…。

安心の川村裕子先生の新刊です。優しい語り口だけど改めて知ることも多くて、大変参考になりました。個人的には紫式部が「蜻蛉日記」を読んでた可能性を見出せたのが大きい収穫でした。漫画で活かせるといいな。いろんな古典を引用して平安文化を説明してくれています。平安時代の貴族について知りたい方にはおすすめです。

前作『追憶の烏』の続きが読めるかと思いきや、長束様メインのスピンオフかあ〜?と思いきや、ラストは本編に繋がって「ハワワ〜おもしれ〜〜〜!!続き早く〜〜〜!!!」になりました。路近もなかなか拗らせたキャラだということがわかった。しかしこうなると推しの雪哉がどうなってしまうのか、というか絶対ハッピーエンドにはならんやろなという(そもそも山内滅ぶ前提ですもんね)道筋が見えてきて、でも続き楽しみです。

やっと読み終えました〜〜〜!!(連載始まる前に読んどけ)『源氏物語』は田辺聖子さんの訳でしか読んでなかったので、なるべく原文に近い訳で読みたいなと思って、妹(史学科)に薦められて林望さんの訳にチャレンジしました。結果、とても良かったです!キャラ同士の歌のやりとりや作中で引用される漢詩も訳してあるので本当に読みやすかった!文庫本十冊なので長いですがおすすめの訳です。

 

近況としては相変わらずプリキュアを見続ける日々で、特にTOKYO MXで水曜に再放送されてるトロプリを見て「やっぱローラはええ女や」と再確認する日々です。あっ「すずめの戸締り」は観に行きました。ちょいちょい挟まれるギャグが面白かったです!

神作家・紫式部のありえない日々1巻出ました!

ご無沙汰しております。とうに年も明け、去年から始まった新連載もめでたく単行本1巻が発売される運びとなりました。よろしくお願いいたします!

書店さんの特典も色々あるのでお近くの方はよろしくです!単行本刊行に向けて、編集さんや営業さんがあらゆる手を打ってくださったのが本当にありがたいです。私としてはヲチコチ以来の平安もので、楽しく描いているので、続けられるといいな〜と思っています。

千歳ヲチコチ」で「平安時代当時、紫式部清少納言のように評価されなかったけれど、現代人が読んだら面白いかもしれない文章を書く人」としてチコを設定して、その感性に呼応したのが亨という感じでヲチコチを描き始めたのに、今度はガチの才女である紫式部を描く機会を得ようとは思っていませんでした。というか、歴史上の人物はみんなそれぞれ持っているイメージがあると思うので描くのにプレッシャーがあってちょっと避けていたんですね。でも3年ほど前から紫式部が気になってきて、調べてみたらやっぱり面白くて、描いてみたいなあとなり、ゼロサムさんで企画が通って、ここに至りました。

現在進行形で紫式部やその周りの人々のことを勉強しながら描いているので、至らない部分もあるかもしれませんが(ヲチコチの時は考証が間に合わなかったところ(後から本当のことがわかったり…)はギャグでなんとかしていました(笑))今はまた平安時代が描けて幸せありがてえ〜!!って感じなので見守って頂けると嬉しいです。

 

<読んだ本>

江戸時代(多分)の石見銀山が舞台のお話です。オムニバス形式でいろんな境遇の人たちが描かれるヒューマンドラマです。当時、銀を掘っていた人は環境の影響で40歳くらいまでしか生きられなかったんですね。短い生の中でも逞しく生きる人、それに寄り添う人、長く生きてほしいと願う人、など澤田さんならではの筆致で書かれていました。

友達が「面白かったから」と、くれた本。蟻に侵入された経験のある私としては少し複雑な気分でしたが、確かに面白かったです。蟻の巣の中は比較的若いメス蟻たちによって運営されていて、外に出てくる蟻はババアなんだそうです…(種の保存のため)私、アリの巣コロリで撲滅させちゃったけど、ちょっと申し訳ない気持ちです。いや、外で見る分にはいいんですけど家に入って来られちゃね…。その他の蟻の生態もファンタジー設定とかで活かせそうで面白いです。生き物は面白いね。

「かの天璋院篤姫が名付け親だという一色乕児は、渡辺ゆりにプロポーズした。彼女からの受諾の条件は、シスターフッドの契りを結ぶ河井道と3人で暮らす、という前代未聞のものだったーーーーー。」という帯のあらすじを見て「むっ!百合の匂い…!!」と思い、手にとった本です。結果ね、内容は想像とは違ったんですけど、面白かったのでヨシ!これは河井道(かわい みち)という女子学校教育向上に奮闘した実在の人物の人生を追った小説でした。私は存じ上げなかったんですが、色んな歴史上の人物と絡んでいてすごくアグレッシブな人生を歩んだ方だったんだなあと。あっ、でも津田梅子と大山捨松の百合はあります。

源氏物語」の第一巻「桐壺巻」のみにフィーチャーした本です。入門て書いてあるけど読んでみたら結構上級者向けじゃないかな〜?と思いました。でもかなりいろんな角度から考察されていてディープな読み応えでした。「桐壺」について掘り下げた考察読みたいなと思っていたのでその点では満足です。著者さん他の巻もやりたいって書いてらしたので、ぜひ刊行してほしい!

これ面白かったです。『源氏物語』のキャラクターのつながりや、ちょっとしたコラムも充実していて読み応えがありました。原文の細かいところまで調べられている本だと思いました。

 

「カムカムエヴリバディ」面白かったですね…。終盤ベソベソ泣いちゃった。「鎌倉殿の13人」も楽しく見てるんですが、「平清盛」から転生してる役者さんが多いので、出てくると「おおい、前世前世〜!」てなってしまうのが悩みです。あとNHKBSで「芋たこなんきん」の再放送が始まったので朝ごはん食べながら見てます。

最近、固定電話を解約しました。アナログ原稿の時、FAXを送るためだけに契約したのですが、デジタル原稿に移行してから全く使わなくなってしまったので…。そして浮いたお金で(浮いたわけではない)dアニメに加入してプリキュアを見ています。過去作全部見れる〜〜〜!!サイコー!!他にも気になってるアニメがたくさんあるのでありがたいです。「平家物語」も終始画面が美しく、壇ノ浦のシーンがまた切なくてよかった…!!

ドラマも映画もアニメも見たいし本も読みたいしゲームもしたいしで時間がないです!

乙女散るらん〜大正女學生物語〜配信開始しました

秋田書店さんのエレガンスイブで描かせていただいていた「乙女散るらん〜大正女學生物語〜」が電子書籍となりまして、本日から配信です。大正時代の女学生先輩後輩同士の百合漫画(のつもり)です。ご興味のある方はよろしくお願いいたします〜!

 

 

表紙採用されたラフです。

f:id:d-kissan:20211101114806j:plain

以下ボツラフです。

f:id:d-kissan:20211101114113j:plain

f:id:d-kissan:20211101114133j:plain

f:id:d-kissan:20211101114148j:plain

f:id:d-kissan:20211101114204j:plain

編集部で見ていただいてBとEも人気があったらしいのですが、やはりBは顔が見えないのでナシになりました。まあボツるだろうとは思いながら描きたい構図は忍ばせちゃいます。

 

朝ドラ「おかえりモネ」面白かったですね〜!余韻もそこそこに「カムカムエヴリバディ」が始まりましたが、こちらも楽しく見ています。脚本が大河ドラマ平清盛」の藤本有紀さんだからモーマンタイ!!ぜってーおもしれーから見てくれよな!!

あつ森がアップデートしてからというもの、毎日やることが多くて忙しいです。和風家具目当てでハッピーホームパラダイスも始めちゃったんで、原稿やるか、あつ森やるか、な毎日になってます…。

新連載と短編集配信

本日発売のコミックゼロサム12月号から新連載「神作家・紫式部のありえない日々」始まります!よろしくお願いいたします〜!カーニヴァルが終わってしまう〜〜!御巫先生お疲れ様でした…!

担当さんが告知画像くれた。おもしろそげじゃないですか…?どうですか…?

f:id:d-kissan:20211022180646j:plain

ファイル漁ってたら担当さんに出す前の紫式部のデザインが出てきました。

f:id:d-kissan:20211028092353j:plain

ちょっとエヴァミサトさんを意識してたんですよね。それから修正を経て上の絵になったんですが、可愛さが抜けてふてぶてしくなったような気がします。新ヒロイン、どうぞよろしくお願いいたします。

 

そして、本日から約10年前に出していただいた短編集「矢継ぎ早のリリー」と「ゆり子には内緒」が電子特装版となって配信されます。

f:id:d-kissan:20211026093027j:plain

それぞれ、紙版では未収録の短編が一本ずつ追加されての配信になります。色んなお話を描いたので興味のある方はよろしくお願いいたします〜!

 

最近は紫式部の資料を読んだり、プリキュア映画観たり、あつ森(アプデ楽しみ!!)再燃して島クリエイトしたりしてます。あつ森の島、いつか公開できたらいいな〜。

新連載のお知らせ

本日予告解禁となりましたので、新連載のお知らせです。来月10月28日発売コミックゼロサム12月号から新連載「神作家・紫式部のありえない日々」が始まります。

f:id:d-kissan:20210921190110j:plainタイトル通り、紫式部のお話です。久々のゼロサムで久々の平安もの!です!紫式部が「源氏物語」を執筆していく日々を楽しく描きたいと思っているのでよろしくお願いいたします〜!

 

せっかくなのでギャラデザ初期案など…

f:id:d-kissan:20210923093506j:plain

これが最初に描いたものですが「34歳にしては目がデカくて可愛すぎる」と担当さんに指摘されました。自分でも「三千世の心中」が単行本になったときに「キャラが丸っこい気がする…」と思ってたんですが、なんか最近絵が幼くなってたみたいです。(「三千世〜」から作画をフルデジタルにしたんですが、そのせいかな??)

そして修正したのがこちら

f:id:d-kissan:20210923094135j:plain

ちょっと大人っぽくなりましたでしょうか。新連載主人公34歳シングルマザーをよろしくお願いいたします。

 

一点、前回のブログから修正があります。秋田書店から発売予定の「乙女散るらん〜大正女學生物語〜」ですが電子書籍の配信予定が11月16日に変更となりました。こちらで確定です。また近くなったらTwitterで告知すると思うのでよろしくお願いいたします!

 

最近読んだ本

ヒッヒ〜面白かった!!主要キャラに容赦ない仕打ちがされますが、ワクワクが止まりません。雪哉こと雪斎様に救いはあるのかな〜。続きが楽しみです。

 

いま噂の「ゴールデンカムイ」を読んでるんですが、お話も終盤に差し掛かっててワクワクしますね〜。房太郎はアシリパさんに杉元への恋心を認識させてくれてありがとう。月島軍曹が一番好きです。敬語+仕事淡々とこなす低身長萌え。サーカス編めっちゃ笑った。

ワクチンも2回打ったので(副反応のために色々準備したけど微熱と腕の痛みだけでした)そろそろ映画館行ってもいいかな!?来月のプリキュア映画は行きます!